誹謗中傷対策とネット炎上対策をサポートする【ネット情報参謀セイメイ】

ネット情報参謀セイメイ

0120-134-797
営業時間:9:00~19:00/土日祝日休

炎上・ネット風評被害対策が必要な理由

近年のインターネットやIT技術の発展により企業と消費者の関係は大きく変わってきました。 誰もがスマホを持って検索やSNSを使う時代に誹謗中傷や炎上など、ネットやソーシャルのリスクをどうマネジメントするかは経営課題です。企業の損失やダメージを最小限に抑える炎上対策やネット風評被害対策がなぜ必要なのかをここでは解説いたします。

経営者にとって炎上・ネット風評被害対策が必要な理由

ナカムラ社長
顧客の企業ブランドへの信頼低下や取引停止や買い控えによる売上減少に発展します。ネット上で消費者が直接連絡を取り合い、大規模な不買運動へつながる可能性もあります。
  • 新規受注数の減少
  • 既存取引先からの取引停止
  • 不買運動への発展
  • 社長個人への攻撃(誹謗中傷)

人事にとって炎上・ネット風評被害対策が必要な理由

シミズさん
自社のネガティブな評判を見た従業員たちの意欲が低下します。
また、新卒採用者や中途採用者の獲得に支障をきたします。
  • 社員モチベーションの低下
  • 社員個人への攻撃(誹謗中傷等)
  • 新規求人への応募者の減少
  • 内定辞退の増加

広報にとって炎上・ネット風評被害対策が必要な理由

クシダさん
企業のブランドイメージが毀損されます。
スキャンダルが経営陣の責任問題にまで発展することもあります。
  • マスコミ等によるスキャンダル
  • 会社の評判、信用の毀損
  • 法令違反、摘発
  • 株価の下落