誹謗中傷対策とネット炎上対策をサポートする【ネット情報参謀セイメイ】

ネット情報参謀セイメイ

0120-134-797
営業時間:9:00~19:00/土日祝日休

Twitter(ツイッター)炎上対策・SNS監視サービス

もしTwitter(ツイッター)やSNS上にあなたの会社やサービスについてネガティブな情報が投稿されたら、あなたが知らないうちに瞬く間に拡散し炎上する可能性があります。さらに、顧客の目に止まってしまったら、売上の低下や採用に悪影響が出ます。 炎上する前にネガティブな情報が書かれていないか監視し、ブランドイメージを守ることが大切です。

こんなことに困ったことはありませんか?

・万が一のネット炎上に備えてTwitter(ツイッター)を監視したい。
・SNS上での評判を監視したいが、人手が足りない。
・Twitter(ツイッター)上のキャンペーンの反応を見たい。
・Twitter(ツイッター)上に書き込まれる商品・サービスに対する不満を知り、課題を監視したい。
・従業員による不満や内部告発をSNS監視したい。
・SNSにおける会社やサービスのブランドイメージを知りたい。

Twitter(ツイッター)・SNS炎上リスクの早期発見・早期対応が必要な理由

スマートフォンの登場により、いつでもどこでもネットワークでつながり、あらゆる情報がSNSのネットワークに流れる時代。今までのコミュニケーションでは通用しないケースが増加しています。
 
ダイレクトな意見として口コミの重要性は増し、比較サイトや掲示板、Twitter(ツイッター)などのSNSに取り上げられることによって拡散、そして誰でも知ることが出来ます。
1人の投稿が瞬く間に広がり、その初動対応の遅れが大きな損害に繋がるケースも少なくございません。いかに問題点を早期発見出来るかがリスクマネジメントとして重要になります。
 
また、SNS上で自社の情報を監視することは、ユーザーのニーズを認識したり、プロモーションの反響を確認することもできます。更なる自社サービスの改善に役立てられるでしょう。

Twitter(ツイッター)炎上対策・SNS監視のお問い合わせ・お見積もりはこちらから
mail
0120-134-797
営業時間:9:00~17:00/土日祝日休

Twitter(ツイッター)炎上対策・SNS監視ツール

Twitter(ツイッター)上での口コミや消費者ニーズなど、検索結果だけでは分からない部分を有人監視いたします。あなたの代わりに目視でネットパトロールを請け負います。

こういった不安ございませんか?

・口コミサイトやTwitter(ツイッター)で風評が拡散。興味を抱いていた顧客に
 ネガティブな印象を与え、コンバージョンダウンへとつながる恐れがある。

2ちゃんねる炎上イメージ

・アルバイト、顧客による不祥事が発生することも……。

Twitter(ツイッター)炎上イメージ

Twitter(ツイッター)炎上対策・SNS監視サービスで出来ること

機能1:24時間有人投稿監視

<監視するサイトについて>
「2ちゃんねる」など炎上前に情報がいち早く掲載されるスレッドや、「Twitter(ツイッター)」、「NAVERまとめ」、「Yahoo!知恵袋」、「教えて!goo」、各種ブログ等、web全般の情報がまとめられるまとめサイト、影響力があるブログや最新ニュースサイト、「Yahooリアルタイム検索」など炎上リスク情報拡散する経路となる150ほどのサイトをピックアップし、監視が可能です。
 
<監視する時間帯について>
サイトによっては3、4時間に1回のペースで監視するもの、掲載されやすい時間帯に重点的に監視するものがございます。

<下記、監視サイトの一部例>

Twitter、2ちゃんねる、NAVER、Yahoo!知恵袋、教えて!goo、
アメーバ ブログ、ライブドア ブログ、FC2 ブログ、Seesaa BLOG など

機能2:週一レポート

サジェスト・関連検索、検索結果、Twitter(ツイッター)、2ちゃんねる、ブログ、掲示板等をシステムで管理し、レポートをお出しします。

 

SNS(2ちゃんねる・Twitter・掲示板・ブログ)の書き込み全データ

 ・投稿件数 ・書き込みの評判比率 ・男女比率 ・地域別比率 
 ・頻出ワード

できること

 

ネガティブなSNSのデータ

できること

気になる書き込み内容の抽出

できること

機能3:アラート通知

Twitter(ツイッター)や各種SNS、サイトを24時間監視し、炎上リスクがあるものが見受けられたらお客様にアラートメールをお送り致します。

<監視アラート体制のイメージ図>

できること

<アラートメールを送る基準について>
アラートメールを送る基準は、「炎上」ではなく、「炎上の際に通るサイトに掲載」になります。
「アラートメール=炎上」ではなく、「アラートメール=炎上の恐れあり」とご認識ください。
基本的には、「モニタリングサイト」に掲載されたらアラートをお送りしますので、アラートメールが届いたとしても炎上につながらない場合もございます。
また、同じ事象については初回のみアラートが飛びます。

<アラートメールが送られるタイミングについて>
有人での確認になるため、掲載されてから瞬時にご報告というわけではなく、炎上の火種の段階でご報告致します。炎上してから事態を知るのではなく、炎上になる前にいち早くそのリスクを察知し、対応を取ることが可能となります。

<アラートメールの目的について>
アラートメールによって炎上のリスクを確認し、対応する時間を生み出すことができます。
炎上が拡大するケースとして、情報が社内で統一されておらず、適切な対応がとれなかったというケースが多くございます。炎上リスクを早い段階で察知することで、その後の速やかな準備(メディアや一般の方から問い合わせが来た際のQAの準備、社内での共有等)ができ、被害を最小限に抑えることができます。

Twitter(ツイッター)炎上対策・SNS監視のお問い合わせ・お見積もりはこちらから
mail
0120-134-797
営業時間:9:00~17:00/土日祝日休

Twitter(ツイッター)炎上対策・SNS監視サービス導入の流れ

ソーシャルメディアリスク教育研修のポイント

関連する解決策

ネット炎上時の社内危機管理体制や
対応マニュアルを整備したい
まず、予防が必要じゃ!
社員がソーシャルメディアを適切
かつ有効に活用できるようにしたい
まず、教育研修が重要じゃ!